無宗教で葬儀を行う場合について

Tags: No Tags
Comments: 無宗教で葬儀を行う場合について はコメントを受け付けていません。
Published on: 2016年7月29日

千葉に関わらず、葬儀は通常、信仰している宗教に則り行われます。

しかし中には宗教を進行していない人もいます。

・無宗教の葬儀について

無宗教の葬儀は意外と多く、特に最近は増えている傾向にあります。

宗教に則り行われる葬儀は、宗教者が葬儀の時に読経をしたり、聖書を読んだりしますが、無宗教には主教者は存在しませんので、自由に行う事ができます。

自由葬と呼ばれる事もあり、故人が好きだった音楽をかけたり、好きだった花を飾ったり、遺族や親しい人だけで見送るなど、スタイルはまさに自由です。

・自由葬の特徴

無宗教の葬儀を「自由葬」といいますが、例えば故人の家に仏壇があるような場合は、故人が無宗教でも、葬儀に僧侶を呼び読経してもらう事はできます。

つまり形式にとらわれる、いろいろなアレンジができるのです。

故人が好きだった音楽をかけて、故人を偲ぶスタイルを「音楽葬」という事もあります。

音楽葬は仏教やキリスト教の葬儀でも行われる事がありますので、それほど異質な印象はありません。

・まとめ

無宗教の葬儀は自由に決められますが、完全なる無宗教というのは少なく、宗教が関わってくる演出を取り入れる事が多いです。

この場合は故人ではなく、遺族が信仰しているまたは、檀家になっている寺院の宗教を取り入れる事が多いです。

今は生前葬というスタイルも確立されていて、生前葬に自由葬を選ぶ人も増えています。

自分の葬儀について考える機会があったら、自由葬というのも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

Welcome , today is 土曜日, 2017年9月23日